• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 活動再開に際しての対策ガイドライン

尚道館・稽古再開に際しての対策ガイドライン抜粋

 

2020、6、13

 

1 稽古前に検温し、37度以上の者、及び体調が優れない者は参加しない。当面は見取り稽古も不可

 

2 往復時、道場内おいて基本的にマスクは着用する。稽古時については全剣連推奨の形(フェイスシールドとマスクの併用)での実施となる為、道場にて説明。

 

3 当面の間、更衣は密集を避けるため

〇少年部―男子は道場内。女子は師範室2階及び玄関更衣室(着替えて来られる者は着替えて来る)

〇一般部―男性―シャワー室、外更衣室、玄関更衣室を一人ずつ交代で使用。

       女性―105号室を一人ずつ交代で使用

 

4 稽古前後に手洗い、うがいを行う。基本的にその際のタオルは各自で用意する。

 

5 基本的に窓を開けた状態で稽古実施する。雨天の際やどうしても冷房が必要な場合は換気をまめに(30分に1回)行う。

 

6 稽古時に密集が起こらないよう工夫する。

・少年部―当面、小学生と中学・高校生で分ける

・一般部―参加人数で判断

 

7 一般部―当面、稽古後、道場の雑巾掛けは行わない。ほうき掛けの後、電動モップ(除菌材使用)にて清掃。共用部分の除菌掃除の徹底。

 

8 飲料水は各自用意する

 

9 当面、特別な事情が無い限り、用具は毎回持ち帰る(剣道着袴、手拭は必ず)

 

10 万が一感染が確認された際は速やかに道場まで連絡の事

 

11 その他、館長より会員医師の先生に相談、助言を仰ぎ、状況に応じて臨機応変に対応、本ガイドラインに変化を加えていく事とする

 

 

 

館長 岡田 守正

 

 

 

道場のご案内

詳しくはこちら
totop