• HOME
  • >
  • 指導者紹介

指導者紹介

館長(第三代)・主任師範  岡田 守正

一般社団法人 伝統文化保存継承学舎・尚道学院 代表理事
桜美林大学非常勤講師(講座ースポーツウイークリー剣道・剣道指導法)
(一財)東京都剣道連盟評議員 杉並区剣道連盟理事長・師範  杉並区体育協会評議員 


□資格
 剣道教士八段
 中学校・高校教員専修免許状(保健体育)

■略歴
 昭和42年生まれ。幼少の頃より祖父(岡田守弘)及び父(岡田又彦)より剣道、居合(夢想神伝流・警視流)、古流剣術(鞍馬流、小野派一刀流)の手解きを受ける。
 平成2年、日本体育大学卒業に伴い第3代尚道館館長に就任。
翌3年、同体育専攻科修了以後、日本体育大学・武道学研究室助手として研究・指導にあたりながら剣道専門家として活動を始める。以後、慶應義塾大学医学部剣道部、早稲田大学高等学院剣道部、佼成学園高校、神奈川大学等の学校において部活動及び授業にて剣道を指導。母校日本体育大学非常勤講師及び剣道部監督等を歴任。(全日本女子学生優勝大会、選手権大会優勝監督) 
 平成3年よりフランス人剣士門弟を中心に尚道館ヨーロッパ支部・フランス尚道会を主宰。フランス各地にて夏期講習会を指導。その後 アンドラ公国剣道連盟発足により要請を受け毎年夏期合宿講習会をアンドラ公国にて開催、指導。第12回世界剣道選手権大会・アンドラ公国ナショナルコーチを歴任。現在はフランス・ヴァンデに支部道場(尚道館ヴァンデ・道場長ジャック・ミュラー)を有し定期的に渡仏する一方、オーストラリア・メルボルン謙志館主催講習会講師の委嘱を受けこちらも定期的に渡豪する等剣道の国際的普及活動に従事。
 地域では杉並区剣道連盟理事長兼師範として地域における剣道の普及振興活動に努めている。
 平成30年一般社団法人伝統文化保存継承学舎・尚道学院を発足。代表理事に就任。伝統文化全般に関わる普及事業及び研究活動を主宰する。
平成16年 全日本剣道連盟・剣道教士取得 
平成27年 全日本剣道連盟・剣道八段位拝受 

指導員(講師)  岡田  操

□資格
 剣道教士七段
 中学・高校教諭一種免許状(保健体育)

略歴
昭和49年生まれ。福岡県出身。熊本県立阿蘇高校ー日本体育大学体育学部武道学科卒業。
元(財)全日本剣道連盟事務局職員。
杉並区剣道連盟事務局次長(嘱託員)
全国高校総体(インターハイ)女子団体優勝。全日本女子学生優勝大会(インカレ)準優勝2回

師範室

説明文が入ります

道場のご案内

詳しくはこちら
totop