尚道館の沿革

創設80年の伝統を有する道場

尚道館道場は昭和10年7月現在地である東京都杉並区下高井戸に初代館長岡田守弘
(剣道・居合道範士 警視庁剣道師範、東京大学剣道部教養学部師範を歴任)が創設。
通称岡田道場とも人々に呼ばれた。

当時寄席であった建物を買い取り道場に改築したものが最初で、広さは廊下を含め5間の6間であった。
創設当時より警視庁の教師、助教の先生方の協力で活発な稽古が行なわれ門人も増えていったと言われる。 戦時中においても稽古は続けられたが、
当時家族は疎開、館長のみ道場に留まり戦火からこれをひとりで守り抜いたと言われる。
周辺は空襲を受け両隣の家屋は焼失したが初代館長の文字通り命懸けの消火活動により道場は焼失をまぬがれ、終戦を迎えた。

終戦後の剣道禁止期において「同志会」という組織が柴田万策範士を中心に結成され忠信館幼稚園、野間道場、早稲田大学、早稲田警察、戸塚警察と
場所を移し活動を続けたがそれぞれ禁止を受け、昭和22年頃より尚道館において月・火・金曜日にこの同志会の稽古が行なわれるようになり、
専門家、財界人を問わず様々な方々が集まり稽古を続けた。当時の同志会を構成された主な方々は次の通り。

昭和22年頃より尚道館において当時の同志会を構成された主な方々

■警視庁関係

斎村五郎、柴田万策、小野十生、森 正純、大野友規、堀口 清、小川忠太郎、
飯田昌隆、高田正信、斎藤今朝治、片桐昌七、渋谷良助、棚谷昌美、黒島一栄、
河島 蔚、小室長二郎、加藤藤太郎、仲川直丸、森島健男、斎藤泰二 他多数

■警視庁以外

佐藤貞雄、増田道義、中野八十二、渡辺敏雄、羽賀準一、佐藤 顕、森井定勝、
藤田倶一郎、斎藤 寛、鏑木武盛、ベンジャミン・ハザト(米国軍人)他
(順不同、敬称略)

 尚道館で続けられたこの同志会が主体となり東京では剣道の命脈が保たれ、
剣道復活の気運が盛り上がり、連盟創設に向け昭和25年頃より話し合いがはじまった。
26年には東京都剣道連盟を創設すべく準備会作りが行なわれ、柴田、渡辺両先生が中心的役割を担って
昭和27年5月に東京都剣道連盟を発足、そして同年10月の全日本剣道連盟発足に結びつけた。
初代館長が命懸けで守った小さな個人道場が、この「剣道復活」という大事業に大きく貢献することとなった。
連盟結成以後も同志会は定期的に尚道館において継続されたが、
渡辺敏雄範士の逝去に伴い平成2年2月の例会をもってその幕は閉じられた。

戦後もうひとつ尚道館において行なわれた稽古が、小野派一刀流の稽古である。
笹森順造宗家の道場、禮楽堂が出来る以前の昭和20年代、尚道館で宗家指導による一刀流剣術の形稽古が石田和外(第二代全剣連会長)、
小野十生、小川忠太郎、鶴海岩夫、大森茂作、清野武治等の先生方で続けられたことも特筆すべき事であった。

初代館長は戦前より中山博道範士高弟の橋本統陽範士につき居合道を学び、以後居合道の指導にも情熱を燃やし剣居一体を目指した。
初代館長の門人に佐川博男、草間昭盛、山本繁雄、岡本義春各範士をはじめ多数の高段者を輩出した。

昭和47年頃からフランス剣道連盟(現顧問好村兼一氏依頼)より長期日本滞在の外国人門弟を受け入れ、
全国においてもいち早く剣道における国際交流及び伝承を行なう。
以後現在まで40年以上にわたりフランス人剣士を中心とする外国人剣士の指導に携わり、
海外において講習会を実施しさらに大きく発展をしており、その結果、現在では六,七段の高段者も数名生まれている。

昭和59年に初代館長90歳にて死去の後、次男岡田又彦教士が2代目館長に就任。
平成2年より二代目館長が勇退し隠居となり現3代目館長岡田守正に引き継がれる。
昭和50年、平成8年の2度、改築を行ない道場も現在3代目となる。
平成14年にはこれまでの活動が認められ財団法人全日本剣道連盟創立50周年に際し、同連盟より感謝状を授与された。
平成18年11月に創設70周年、平成28年8月に創設80周年記念事業を執り行い、今後も初代館長の指導理念を忠実に継承し後世に伝えるべく活動していきたいと考える。

参考資料
「剣道の復活」「東剣連30周年記念誌」「現代武道家物語」「一つの戦後剣道史」

随筆

◆流派  第三代館長 岡田 守正

亡き祖父岡田守弘は大正12年、決して早いとはいえない28才という年齢で剣道専門家を志して、故郷新潟県を後にし東京・警視庁に入った。
以後60有余年の歳月を剣道に傾け、昭和59年4月22日、90歳にて亡くなるその日まで剣の理法の修錬に努めたと言っても過言ではない。

当時私は高校2年生であった。数ヶ月前より祖父は自宅にてほぼ寝たままの状態での生活となっていたが意識はまだまだしっかりしており、普段通りの会話も出来ていた。その後、祖父は毎夜就寝中うわ言のように稽古の号令を掛けるようになった。「やめー」「やめー」を繰り返すのである。
あるいは昼間は誰かの稽古姿が目に映るのか「あれはいい稽古だ」などとそれを誉めてみたりする。亡くなる前日の夜は特に号令が激しく、近くで心配している家族に「もうあの稽古やめさせてくれ」と言ったりした。恐らく命の火が燃え尽きる寸前、数十年もの間精魂込めて指導してきた稽古の光景が文字通り走馬灯のように駆け巡っていたのではないだろうか。
私にこの時剣道専門家の一生というものを見せてもらったという思いがある。
自分が生涯掛けて取り組んできたものを死の直前まで考え、求め続けている姿が今も脳裏に焼き付いている。私が祖父並びに父の跡を本気で継いでゆこうと思ったきっかけであったかもしれない。

祖父は警視庁でも有名になるほどの稽古熱心で通っていたと言われる。
日に5回の稽古は当たり前という様な生活を何年も送る事により年齢の遅れを挽回しようと努力した訳である。
私がそんな祖父の最も尊敬している所は、その様な猛稽古の中で身についてしまった稽古における悪癖を、自分自身で自覚し改める努力を終生怠らなかった点である
恩師斉村五郎範士十段の剣風に強く惹かれ、その理想の剣道を求め、それを創るべく根の役割を示す基礎(基本動作)を、古流(鞍馬流、小野派一刀流、警視流)居合道(夢想神伝流、無外流)杖道、薙刀などを学ぶことにより誰よりも探求し、剣の理合並びに刀の操作法を竹刀操作に活用させる事への研究努力を行い続けたその姿は理業一致の範であり、さらにまた、この様な事を現実に実践しきったのは剣道界に於いて中山博道範士の後は祖父だけではなかったのかとさえ思っている。自分が苦労しているので、門人その他への指導(特に基本指導)は常人には理解できないほどの粘り強さがあり、決して妥協や相手に根負けしないその指導振りはまさに執念というべきものであった。

そんな祖父の最晩年に私は3才にて剣道をはじめ、加えて居合道、古流といったものを小学校へ上がる前から仕込んでもらった。5才の折、杉剣連少年大会にて祖父と居合道演武をさせてもらった事などは大きな思い出である。

その祖父が亡くなる数年前、当時中学生であった私の将来における剣道について語るとき、「お前の今の面打ちはすこし投げ込みになるので打ちに『位』と『味』が出ない。あれでは将来本当に立派な面が打てるようになれない」と指導を受けた。
祖父は生前書物(現代剣道百家箴・全剣連発行)に自身の理想の面技について最も大切な点を次のように書き残している。
『機会に当たって打ち間から左足を踏み切り、右足を踏みつけると同時に左足の踵をやや下げながら、足と腰を残さぬように鋭くすり込む。そして技の決まる瞬間両手を前方に伸ばしつつ、掌中の作用を以って、額からすり込むようにして強く打つのである。』
それは、物を投げ込むように竹刀を相手にぶっつけて行くような打ち方では人の心を打つ、本物の気剣体一致した技にならないという意味の指導である。

当時の私にはそれを本当に理解できる術はなかった。そんな私に祖父は加えてこう語った。「お前の親父の打つ面をよく見て勉強しろ」父は祖父が斉村先生から受けた面技の教訓、そして「味」のある打ちを教えとしてしっかり受け継ぎ、表現していたのであり、祖父もそれを認めていたのである。父と祖父とは背格好がまったく違うので稽古振りも大きく違う。それは祖父が父に自分の剣道の「かたち」を押し付けず自分の理想とする斉村先生に学んだ剣道のイメージを伝えようとした表れに思う。しかしながら今度は父と私とでは又背格好が違う。ここでも父は私に自分のかたちを伝えようとはしなかった。祖父と父、父と私、それぞれ稽古の表現が異なっても同じ基本動作の反復から生まれたものがそこにはあり、別のものにはなり得ないのである。尚道館が何とか現在も保たれているのは門人各位がこの流派的発想を強く理解し、求めてくれているからに他ならない。一昨年尚道館では祖父が警視庁においてその制定に携わることが出来た「警視庁剣道基本」の動作、理合をもとに研究を加え「尚道館剣道基本形」として稽古法をまとめ、実践している。道場とこの形の中には祖父の魂が宿っている訳である。

現代社会あるいは剣道界にどのような変化が生じようとも、この普遍的な価値観をもとにして新しいものを創造してゆく努力こそ私三代目の一生掛けて行うべき仕事であると認識し、祖父あるいは父の夢に描く理想の剣道に少しでも近づけるよう、次の世代に受け継いでゆくことこそ真の「道」であると理解している

(平成13年 杉並区剣道連盟50周年記念誌寄稿文より)

海外での活動記録

道場のご案内

詳しくはこちら
totop